amazon輸入 関連

アマゾン輸入ビジネスにおけるセラーリサーチの考え方 ①

 

 

こんにちは。

 

 

 

 

台風の進路が気になって仕方のない、

イクメン ヒロ です。

 

 

 

 

 

 ブログランキングが…

是非、応援クリックお願いします。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-TSJ85_kawamuraouen20150208103603-thumb-1000xauto-18320
輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

 

 

今回はアマゾン輸入ビジネスにおける

セラーリサーチの考え方について

書いていこうと思います。

 

 

最近というか、いつもですが大したネタを

書いていませんので、しばらく(気が向いたら)

真面目に考えて書いていきます。

 

 

セラーリサーチ。

 

僕がこの輸入ビジネス業界!?に足を突っ込んだ

当初から存在している、もはや古典的とも言える

定番中の定番の手法です。

 

僕が始めた当時はヤフオク輸入転売が

主流だったので、オークファンで輸入商品を

出品、落札されている出品者の商品を片っ端から

リサーチしていきました。

 

今じゃ聞かない出品者アラートとかを使いながら、

輸入ビジネスを行っている出品者が新しい商品を

ヤフオクに出品した瞬間から追跡して

リサーチを行うなんてことをやっていましたね。

 

まだ、初心者だった頃、大口の時計の出品者を

アラート登録して、一気にメールボックスが一杯に

なっちゃったのを覚えてます。笑

 

そして、その時計はebay-ヤフオクじゃ価格差無くて、

全く買えないという…

 

 

話が逸れましたが、その古典的手法、セラーリサーチです。

 

もちろん、古典的手法と言いながらも、今も使えます。

 

 

ちょっと、前に聞いたのは輸入商品だけではなく、

国内仕入れ商品も混ぜながら、何ていうか、

セラーリサーチされにくいようにしている

って言う方もいらしゃいました。

 

 

そうなってくると、出品数も100とかじゃ

効かないので、200,300近くになってきます。

 

大体、出品商品のページが30ページとかに

なったら、価格調整なんて出来ない。

 

 

まあ、そこはツールを使うべきですけどね。

 

スクリーンショット 2015-06-21 1.34.32

プライスター 今なら30日無料です。クリック!!

 

 

僕もメディア系やその他の商品を200商品くらい

販売して、その管理を全てこのツールで行っていたので、

多品種出品されている方には、絶大な効果があるツールです。

 

 

価格調整に時間をかけるのなんてナンセンス。

 

 

もちろん、自分の目や頭で考えながら価格を

調整していく方がいいとは思いますが、

多品種出品する手法を取っている以上、

そこに時間をかけるのではなく、次なる商品を

リサーチするのに時間をかける方が正解だと思っています。

 

そして、これは僕の経験からくる考え方なので、

一概に正解、不正確はどうかは分かりませんが、

多品種出している出品者の商品を真似て同じ商品を

出品をするとかなりの確立で飽和に巻き込まれます。

 

 

ここで言う飽和とは、自分が仕入れて出品しようと

すると、出品者が月の販売予定数を越えている状態。

 

 

月に10個売れて、リサーチ、仕入れ時の出品者数が5とか

だったのに、いざ、出品ってなって商品ページを

見たら、出品者が13とかになっている…

 

こうなると、値下がりは目に見えていますし、

むしろ、もう起こってきている。

 

こうなった時にすべき方法は、あなたに資金が豊富に

あるのんであれば、半年とか商品を寝かせる

なんてことも出来るかも知れません。

 

でも、商品をお金に変えて初めて成立するビジネス

なので、まずやるべきことは現金化だと思います。

 

それも、他のセラーが出してきそうな、10円、100円

単位のコスい値下げではなく、すぐにカートを

取得して、予定数を売り切れるような価格。

 

値下げ競争、価格競争を助長するつもりは

ありませんが、あたながやらなくても誰かやる。

 

最悪、トントン、ちょっと赤字でも僕は

売り切るようにしていました。

 

 

売り切ったら、なぜそうなったのか?

 

 

これだけは考えるようにして、あとはスッパリと

忘れて次のリサーチへ向かいます。

 

戻ってきたお金を次なる商品に突っ込んだ方が

精神衛生的にも健全です。

 

 

 

 

で、ようやく本題のセラーリサーチの考え方に

入っていきます。笑

 

 

僕が考えるセラーリサーチの基本は、商品の価格差

や出している商品からの派生だけじゃないってこと。

 

 

 

 

それでは。

 

 

 

 

また話が逸れすぎて長くなったので、次回にします。

 

 

 

珍しく、文字数も1500超えたしね。笑

 

 

 

 

 

 次回記事も真面目に書きますので

是非、応援クリックお願いします。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-TSJ85_kawamuraouen20150208103603-thumb-1000xauto-18320
輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. シンプルに!!
  2. ヒントは日々の生活の中にある。
  3. 売れてから仕入れたいよね。
  4. 違和感を感じる。
  5. モノゾン リサーチに便利な拡張ツール
  6. 販売力付けたいなら、まずはヤフオクかと。
  7. あなたの輸入ビジネスを修正します!!
  8. 価格差は追うと逃げる ウサイン・ボルトのように

Profile

スクリーンショット-2015-03-23-16.18.28-282x300

谷口 博之(たにぐちひろゆき) 富山県出身

物販会社経営
集積物流サービス運営
セミナー事業
輸入ビジネスサポート
コミュニティ運営

トラックドライバー時代に給料を手取りで16万円減らされ、会社に依存することの恐ろしさを体感し、副業で輸入ビジネスを開始する。

椎間板ヘルニアや病気を患い退社するも、稼げない時期を数ヶ月経験。

その後も多くの失敗を重ねながらも、月利100万円を越え、法人化。

現在は最高月利300万円を越え、物販の現役プレイヤーとして活躍中!!

この稼げなかった時期の辛く苦しかった経験を活かし、自身
の物販会社、物流サービス経営の他に、輸入ビジネスサポート、セミナー、コミュニティ運営と多岐に渡る事業を展開している。

ウェブセミナー

谷口博之メルマガ登録へ

輸入ビジネス動画チャンネル


facebook

ピックアップ記事

PAGE TOP