amazon輸入 関連

価格差は追うと逃げる ウサイン・ボルトのように

 

 

こんにちは。

 

 

 

 

輸入ビジネスブロガー

イクメン ヒロ です。

 

 

 

 

 

 ブログランキングが…

是非、応援クリックお願いします。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-TSJ85_kawamuraouen20150208103603-thumb-1000xauto-18320
輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

 

 

初心に戻ってみようと思ったら…

こんな僕でも、今は人に教えることを

やらせてもらってます。

 

なので、最近は初心者目線でリサーチを

行ってみました。

 

動画の質としてはまだまだですが、

動画配信も行っていますし、リクエストも

受けて、動画を作ったりもします。

 

そこで感じたのは、もう何千とかいう商品を

見ているので、商品知識やリサーチ経験が

邪魔をしてるということ。

 

でも、それはリサーチする中で重要な切ると

いうことが自然に出来ているので、

仕方ないといえば、仕方ない。

 

 

リサーチは利益の商品をいくつみつけるか?

 

これが大事なんですけど、そこにたどり着くまでには、

その見つける数の何倍も何十倍も

切るということが必要になってきます。

 

一つの商品にこだわることも重要ですが、

こだわり過ぎないことも重要。

 

 

価格差は追うと逃げる

僕がこのビジネスを始めた当初は、

海外との価格差がある商品を探しなさい。

 

そう教えられました。

 

なので、1日12時間もリサーチを

行っていました。

 

毎日、毎日価格差を追うことを

行ってました。

 

価格差があり人気のある商品は、

逃げ足が速い。

 

それは例えるなら、ウサイン・ボルトのように

他の追従を許しません。

 

boruto1

 

しかし、よく見てるとこのボルトについていける

出品者もいる。

 

最初の頃はこれが不思議でなりませんでした。

 

どうせ赤字で売り切るつもりなんだろ?

って思っていたら、そのまま走り切るのです。

 

裏ワザがあるのでは?

次に考えたのは、裏ワザ的なものが

あるんだろうか?

 

みんな大好き裏ワザです。

 

今のゲームはどうか知りませんが、

僕が小学生だったころは

ファミコン全盛期の裏ワザ全盛期。

 

裏ワザがファミ通やファミマガに載っていて

ワクワクしながら実践してました。

 

グラディウスの「上上下下BA」とか

バンゲリング・ベイで2コンのマイクで叫ぶとか

今思い出しても胸アツです。笑

(知らないって…)

20120218155630ef6

 

 

このビジネスを継続的に行っている人なら

分かると思いますが、裏ワザなんてもんは

存在しません。

 

ニーズを先取り、一時的に独占する方法とかは

ありますが、基本的には存在しないと言い切れる。

 

見せ方や切り口を変えて、そういう風に

見せるのはありますが…

 

特別な仕入れルート

じゃあ、特別な仕入れルートがあるんだ。

 

初心者である自分には構築出来ないような

先行者だけが知り得るような特別なものが。

 

ある程度経験してくると、そんなものは

ほとんど無いということに気が付きます。

 

もちろん、ある人にはあるでしょう。

 

でも、全員にある訳でじゃない。

 

ある日、思います。

 

こいつに出来るんなら、商品が違えど、

自分にも出来るんじゃないか?

 

 

そして、ちょっと、聞いてみたら安くなった。

 

輸入ビジネスは基本的に英語で

やり取りを行います。

 

なので、交渉とかってなると一気に

ハードが上がります。

 

でも、そのハードルは気持ちの上だけで

実際にやってみると意外にいけます。

 

通訳さんをお願いしだしたのが7月から

なので、それまではず〜〜と、グーグルさんと

weblioさんのお世話になってました。

 

今でも簡単なやり取りでは使ってます。

 

最初は交渉っていうレベルじゃなかったんですけど、

ある人のセミナーに参加して、

それまであった考え方が激変します。

 

 

パラダイムシフトってやつです。

 

これで僕のビジネスも激変していきました。

 

 

追われるくらいでちょうどいい

恋愛はどうか知りませんが、出品者としては

他セラーに追われるくらいでちょうどいい。

 

売れてる商品なら、並走でも構わない。

 

続けていると自分だけが走れるレーンが

出てくるようになります。

 

出てきたら、一気に売り抜ける。

 

そこで慢心せず、他のプラットフォームで

同じように売れないのか?

 

これを購入してくれる人はどんな人で

他にどんな商品が欲しいのか?

 

考えるようにしていきます。

 

そうやっていけば、価格差を追っているだけの人、

価格差を作りだして慢心している人を

ぶっちぎりでコッソリと引き離せるようになります。

 

 

 

 

 

編集後記

今回の記事も長い。

 

短めにして書こうと思っていたのに…

 

ここまで長いと初心者さんに向かないので

読んでもらえないんだろうな〜

 

ブログしか書いてないから、輸入ビジネスブロガー

みたいになってきた。笑

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 転売屋に再デビュー
  2. amazon輸入という投資案件
  3. アマゾンランキング1位2位3位を独占!!
  4. あなたの輸入ビジネスを修正します!!
  5. 気がつけば円高と最近思うこと。
  6. 情報の出し惜しみしてませんか?
  7. 今の生活に少しの彩りを
  8. iPhone6s,6s+,iPad Pro 今、そこにある需要

Profile

スクリーンショット-2015-03-23-16.18.28-282x300

谷口 博之(たにぐちひろゆき) 富山県出身

物販会社経営
集積物流サービス運営
セミナー事業
輸入ビジネスサポート
コミュニティ運営

トラックドライバー時代に給料を手取りで16万円減らされ、会社に依存することの恐ろしさを体感し、副業で輸入ビジネスを開始する。

椎間板ヘルニアや病気を患い退社するも、稼げない時期を数ヶ月経験。

その後も多くの失敗を重ねながらも、月利100万円を越え、法人化。

現在は最高月利300万円を越え、物販の現役プレイヤーとして活躍中!!

この稼げなかった時期の辛く苦しかった経験を活かし、自身
の物販会社、物流サービス経営の他に、輸入ビジネスサポート、セミナー、コミュニティ運営と多岐に渡る事業を展開している。

ウェブセミナー

谷口博之メルマガ登録へ

輸入ビジネス動画チャンネル


facebook

ピックアップ記事

PAGE TOP