amazon輸入 関連

amazon輸入という投資案件

 

 

こんにちは。

 

 

 

台風の日は絶対に家から出ない

 

イクメン ヒロ です。

 

 

 

 

 

 ブログランキングが…

是非、応援クリックお願いします。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-TSJ85_kawamuraouen20150208103603-thumb-1000xauto-18320
輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

 

 

 

amazon輸入という投資案件

全てはデータから始まる

よく頂くご質問の中に商品知識が無い商品なんですが

販売していたら質問とか来ませんか?

とか、そもそも、興味の無い商品なんで買えません。

という様なことを聞かれます。

 

まあ、この質問もする時点では、初心者で

まだ何も始めていないのに、不安感が

先走っているんだろうな〜と思います。

 

 

結論を言ってしまえば、やってみれば

分かりますよ〜ってなっちゃいます。

 

でも、その考えは間違いじゃない。

 

今でこそ、amzon輸入が主流になっていますが、

ヤフオク転売を行っていたときは、商品を

実際に触って、撮影して説明文を書いていました。

 

今、ヤフオクの工程を書いただけでも、手間でした。笑

 

そんなことをしながらも、実際に商品を

使ったこともないし、そもそも、興味が無い

商品ばかり扱っていました。

 

もちろん、中にはジョーダンのバッシュや

スニーカー、サイクルジャージなど好きな

商品もありましたが、それはただオークファンの

落札履歴があったからに過ぎません。

 

ヤフオクの即決で3つ落札がある新品商品は

需要がある。

その価格差が自分の欲しい利益額にマッチするなら

仕入れるといった計算方法がありました。

 

このヤフオクの場合は、落札データもそうですが、

経験も加味されるところもあるので、

全てがデータで判断されるということだけでは

無かったですね。

こういうこともあって、商品に興味があれば、

少しではありますが優位性はあったと思います。

 

でも、それはあくまで少しだけ。

 

今は、amazon輸入が主流なので、売れている

データは全て見えてきます。

 

無料のプライスチェックなどのツールや

在庫チェックツール、実売数が分かるツールなど

amazonを丸裸にするツールが百花繚乱、

咲き乱れております。

 

以前のヤフオク輸入転売が全盛だった時と

違い、余計な出品の手間も少ないamazon輸入販売。

 

もはや、そこには余計な感情は要りません。

 

大体、商品がどんな形状なのか?も知らない

出品者も数多くいると思います。

 

amazon輸入は、もう投資と変わらない。

 

amazon輸入という投資案件です。

 

低く見積もっても、利率10%のリターンが

2ヶ月以内に得られるという投資案件。

(商品が2ヶ月以内に全部売れる想定)

 

あなたが交渉等でより価格差を広げ、

利益率を20%以上に出来れば、売上の5%を

あげるという条件で出資者を集めることだって

出来ると思う。

 

会計上どのようにするのか?は置いておきます。

 

 

そこに感情は必要ない。

 

あるのはデータだけ。

 

 

 

データでは出ないものもある。

上記のようにやられている方がほとんどなので、

逆にデータに出にくい、出ない商品を扱っている

出品者は、一人でカートを独占出来ます。

 

ブログやメルマガでは説明出来ませんが、

こないだのセミナーの懇親会でその

具体的な方法を説明すると、皆さん、

喜んで帰って行かれました。

 

リアルにお会いした方にしか教えていません。

 

僕はブログ、メルマガも大切にしていますが、

リアルに会える人をもっと大事にしています。

 

教えたところで、競合が増えたりもしないので、

かなり有効な方法です。

 

 

今月は、スケジュールが詰まっているので、

出来ていませんが、今度、イロイロと企画

出来たらって、思ってます。

 

 

それでは。

 

 

 

PS

関東地方の天気は荒れています。

 

今、この記事を書いている時間が

子どもたちの下校時刻なので心配ですね。

 

今日の英語教室は休みでもいいかな〜

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. シンプルに!!
  2. 在庫を持つべき商品とはどんな商品か?
  3. アマゾン納品不備受領作業手数料と改悪
  4. 違和感を感じる。
  5. 転売屋に再デビュー
  6. 売れてから仕入れたいよね。
  7. 価格差は追うと逃げる ウサイン・ボルトのように
  8. 在庫リスクと回避方法

Profile

スクリーンショット-2015-03-23-16.18.28-282x300

谷口 博之(たにぐちひろゆき) 富山県出身

物販会社経営
集積物流サービス運営
セミナー事業
輸入ビジネスサポート
コミュニティ運営

トラックドライバー時代に給料を手取りで16万円減らされ、会社に依存することの恐ろしさを体感し、副業で輸入ビジネスを開始する。

椎間板ヘルニアや病気を患い退社するも、稼げない時期を数ヶ月経験。

その後も多くの失敗を重ねながらも、月利100万円を越え、法人化。

現在は最高月利300万円を越え、物販の現役プレイヤーとして活躍中!!

この稼げなかった時期の辛く苦しかった経験を活かし、自身
の物販会社、物流サービス経営の他に、輸入ビジネスサポート、セミナー、コミュニティ運営と多岐に渡る事業を展開している。

ウェブセミナー

谷口博之メルマガ登録へ

輸入ビジネス動画チャンネル


facebook

ピックアップ記事

PAGE TOP