amazon輸入 関連

アマゾン転売における在庫の適正数は?

 

 

こんにちは。

 

 

 

 

 

ついにふくらはぎの肉離れが治った!!

イクメン ヒロ です。

 

 

 

 

 ブログランキングが…

是非、応援クリックお願いします。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-TSJ85_kawamuraouen20150208103603-thumb-1000xauto-18320
輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

 

 

 アマゾン転売における在庫の適正数は?

 

これについて書いていこうと思います。

 

まあ、アマゾン転売におけるとか書いてますが、

別にどこで販売していても同じ結論になります。

 

それは、自分で決めた期間内に売れると計算をして

仕入れた数を売り切れる個数を仕入れるってことです。

 

何だかややこしいですね。笑

 

 

僕らは販売者なので、コレクションのように

在庫を持っていても意味がありません。

 

なので、仕入れたものは現金化する必要があります。

 

それも、資金がそれほど無いウチはそのサイクルを

早くする必要がありますね。

 

 

アマゾン転売におけるベースとなる在庫を持つ指標として、

プライスチェックやモノレートなどのグラフ変動

から予想するという方法があります。

 

グラフが上昇した数が売れている数という、アレです。

 

スクリーンショット 2015-08-05 14.12.50

 

 

この変動した数と実際に現状出品していて、

カートに関わってくると思われるセラーの数を

比較して、自分が参入した時にその価格で販売して

取りたい利益が取れるのであれば、仕入れ対象の商品と

なってきますね。

 

 

仕入れ対象となるというのは、これだけでは、

情報が足りないので、もう少し他の角度からも見ます。

 

それは、持っているのであれば、在庫チェックツールでも

いいんですけど、持っていない場合が多いと思うので、

何日かセラーの在庫変動を見ることや、この商品についての

評価や他サイトでの動向も見ます。

 

他サイト動向については、自分が販売出来ないところは

見ても仕方ないので、見なくてもいいですが、

商品に対する評価は見るべきです。

 

実際に僕がやらかしたれ例で言えば、価格差もあり、

前のモデルも売れている、だから、この次のモデルも

売れてきているので、ちょっと多めに在庫を持ったことがあります。

 

その時は、セラーの数と月の販売予想数だけを見て、

一気に仕入れを行いましたが、評価は見ていませんでした。

 

実際に販売する時に改めて、評価を見ると★が1つ…

それも結構辛辣なコメントまで書いてあります。

 

こうなると、売れ行きは一気に落ちます。

 

そして、僕のようなセラーが何人か参入してきて、

価格は下落傾向にありました。

 

幸いにも仕入時に交渉を行っていたので、

普通にアマゾン.comやebayで仕入れるより安くは

出来ていましたけど、それでも現金化出来なきゃ

意味はありません。

 

なので、他のセラーには申し訳無かったのですが、

自分が赤字にならない金額まで下げて売り切る手段に出ました。

 

しかし…

 

売れない商品は価格を下げたところで売れるというものではありません。

 

なので、まんまと売れ残り、売り切るまで2ヶ月近くかかりました。

 

 

こういったこともあり得るので、アマゾン内だけでも

商品の評価については見るようにしましょう。

 

まあ、言ってしまえば、自分が売りたい、仕入れたいと

思っている商品については、販売するプラットホームでの

評価は必ず見る!!

 

そして、見れるようであれば、というかビジネスだし、

そこも見て初めてリサーチしていると言えるところもあるので、

販売しないプラットホームの評価や価格コムでの

評価なども見るようにしましょう。

 

評価を見ていくと、良かったことだけでは無く、

ダメなところも書いてあります。

(むしろ、ダメなところの評価のほうが多いかも!?)

 

そこに書いてあるダメなところを補えるように

していくことで、違う何かが生まれてきたりします。

 

 

 

今回書いたことが結構、基本だと思います。

 

 

商品のカートに関わってくるセラーの数を見る。

月に売れる数をプライスチェックなどのツールで確認する。

時間をかけれるようであれば、セラーのリアルな在庫変動数値を追う。

商品の評価を他のプラットホームも使い確認する。

 

 

 

ちょっと、まだ書ききれないので、また次回。

 

 

それでは。

 

 

 

 ブログランキングが…

是非、応援クリックお願いします。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-TSJ85_kawamuraouen20150208103603-thumb-1000xauto-18320
輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

 

 

 

 

 

PS

ようやく6月中旬に痛めた左ふくらはぎの肉離れが

治りました。

先週あたりから軽くランニングを始めては

いましたが、ようやくバスケにも復帰出来ました。

 

でも、まだジャンプが怖いですね。

 

ちょっとした接触にも過敏になってしまいます。

 

筋力も落ちているので、無理せず、しっかりと

戻していきたいですね。

 

沖縄旅行もあり、ちょっと体重もオーバー気味なので、

ランニングを強化して体重も落としていこうと思ってます。

 

でも、ビールが美味い季節なんだよな〜〜〜〜

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 情報の出し惜しみしてませんか?
  2. アマゾン輸入ビジネスにおけるセラーリサーチの考え方 ①
  3. amazon輸入という投資案件
  4. アマゾン輸入ビジネスにおけるセラーリサーチの考え方 ②
  5. 在庫リスクと回避方法
  6. 販売力付けたいなら、まずはヤフオクかと。
  7. アマゾン販売が熱い!!
  8. 価格差は追うと逃げる ウサイン・ボルトのように

Profile

スクリーンショット-2015-03-23-16.18.28-282x300

谷口 博之(たにぐちひろゆき) 富山県出身

物販会社経営
集積物流サービス運営
セミナー事業
輸入ビジネスサポート
コミュニティ運営

トラックドライバー時代に給料を手取りで16万円減らされ、会社に依存することの恐ろしさを体感し、副業で輸入ビジネスを開始する。

椎間板ヘルニアや病気を患い退社するも、稼げない時期を数ヶ月経験。

その後も多くの失敗を重ねながらも、月利100万円を越え、法人化。

現在は最高月利300万円を越え、物販の現役プレイヤーとして活躍中!!

この稼げなかった時期の辛く苦しかった経験を活かし、自身
の物販会社、物流サービス経営の他に、輸入ビジネスサポート、セミナー、コミュニティ運営と多岐に渡る事業を展開している。

ウェブセミナー

谷口博之メルマガ登録へ

輸入ビジネス動画チャンネル


facebook

ピックアップ記事

PAGE TOP