amazon輸入 関連

在庫を持つべき商品とはどんな商品か?

 

 

こんにちは。

 

 

 

 

雷から逃げるように帰宅した、

イクメン ヒロ です。

 

 

 

 ブログランキングが…

是非、応援クリックお願いします。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-TSJ85_kawamuraouen20150208103603-thumb-1000xauto-18320
子育てパパ ブログランキングへ
 

 

在庫を持つべき商品とはどんな商品か?

前回の続きになってきます。

 

 

前回記事  アマゾン転売における在庫の適正数は?

 

 

 

前回記事の最初にも書いてますが、在庫の適正数は

あなたが決めた期間内に、売り切れる数が適正数だと思います。

 

期間を決める理由は前述のとおりですね。

 

 

あなたの資金状況や取りたい利益額、利益率に

よって左右されるところが大きいので、

具体的な数字は、あなたによるところが大きいです。

 

 

少し言わせてもらえれば、仕入れ価格の安い商品は

在庫を想定する数よりも多く仕入れても大丈夫です。

 

仕入れ単価が安い商品は、過剰に入れ過ぎない限り、

そこまで、あなた状況を悪化させません。

 

もちろん、資金が極端に少ない場合は例外ですが…

 

低単価、高回転、低利益率、低利益額の商品は

想定より多めに持つべきです。

 

逆に高単価、高利益額、低回転の商品は、

在庫の数に気をつけて仕入れる必要があります。

 

 

僕も1つ10万円くらいする商品をいくつか扱っていますが、

これには、かなり気を使ってます。

 

今は、基本的に仕入れのサイクルが出来上がっているので、

ほぼ無在庫で販売することに成功しています。

 

しかし、これが出来る前は仕入れのタイミングを

月の計画に落としこんで、販売想定数は、低めに

設定していました。

 

確かに売り逃しやキャンセル、ちょっとした

クレームにも繋がっていきはしますが、

基本的に金銭的ダメージは受けません。

 

 

高価な商品を扱う際は、この辺を強く意識することが

大切になってきますね。

 

 

 

売り逃しを許容するというやり方は、僕が以前、

メディア系に特化していた時に使ってしました。

 

 

価格差のある売れると思った商品を1個か2個

だけ仕入れて、売れたら、またリサーチして

1個か2個仕入れるっていうやり方です。

 

 

これを行っていくと、確かに売れる商品は

売り逃しが発生しますが、飽和や赤字にも無縁に

なってきます。(全くの無縁は無理ですが…)

 

 

 

最初のうちは商品数が少ないので、リサーチにも

時間がかかりますが、1ヶ月も真面目にやっていれば

ストックが溜って、ドンドン楽になります。

 

多品種の商品を扱うことになるので、プライスターなどの

商品価格管理ツールが必要になってきますが、

入れてしまえば、もう楽なもんです。

 

200商品くらいを回しながら扱えるようになると、

月利で30万〜40万は軽くいきます。

 

 

副業ならこれで十分な気もしますね。

 

 

 

 

それでは。

 

 

 

 

 

 

 ブログランキングが…

是非、応援クリックお願いします。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-TSJ85_kawamuraouen20150208103603-thumb-1000xauto-18320
子育てパパ ブログランキングへ
 

 

PS

昨日、夕方ランニングしていたら、遠くに

真っ黒い雲が。

 

少し時間が経つと、だんだん近づいてきます。

 

見れば、雲の中がピカピカと光ってる。

 

もう少し走れたけど、逃げ帰るように帰宅しました。

 

 

いくつになっても雷はイヤなもんです。笑

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ヒントは日々の生活の中にある。
  2. iPhone6s,6s+,iPad Pro 今、そこにある需要
  3. 気がつけば円高と最近思うこと。
  4. モノゾン リサーチに便利な拡張ツール
  5. amazon輸入という投資案件
  6. amazon輸入ビジネスで商品リサーチ時に考えていること
  7. 宿題出してや〜〜
  8. 違和感を感じる。

Profile

スクリーンショット-2015-03-23-16.18.28-282x300

谷口 博之(たにぐちひろゆき) 富山県出身

物販会社経営
集積物流サービス運営
セミナー事業
輸入ビジネスサポート
コミュニティ運営

トラックドライバー時代に給料を手取りで16万円減らされ、会社に依存することの恐ろしさを体感し、副業で輸入ビジネスを開始する。

椎間板ヘルニアや病気を患い退社するも、稼げない時期を数ヶ月経験。

その後も多くの失敗を重ねながらも、月利100万円を越え、法人化。

現在は最高月利300万円を越え、物販の現役プレイヤーとして活躍中!!

この稼げなかった時期の辛く苦しかった経験を活かし、自身
の物販会社、物流サービス経営の他に、輸入ビジネスサポート、セミナー、コミュニティ運営と多岐に渡る事業を展開している。

ウェブセミナー

谷口博之メルマガ登録へ

輸入ビジネス動画チャンネル


facebook

ピックアップ記事

PAGE TOP